令和元年台風第19号災害情報


     
                                        
     SHODENSHA | 匠電舎 |は一切被災を受けおりません。通常営業しています。  





  関係各位
 
このたびの10月13日の台風19号による千曲川堤防の決壊・氾濫による災害にあたりましては、早速心強いお心遣いを頂き、心より感謝いたしております。

当地長野市では多数の家屋の全壊・半壊や浸水、交通の遮断などが多く発生いたしましたが、幸いにも弊社は千曲川近くにありながらも一切被害を受けず、通常通り営業を行っておりますのでご安心くださいますようお願い申し上げます。

                             令和元年10月15日

                             株式会社 匠電舎
                              代表取締役 轟 修平
                              従業員一同
 
 



         
    千曲川の堤防の決壊場所まで約7.7kmの上流に位置しています。

弊社は千曲川堤防まで約2kmと近い高田地区にありますが、ここは長野市中心街周辺のため、強固な堤防(堤防道路)に囲まれ、過去に越水・決壊・浸水したことがないエリアです。
 
         
 
   [千曲川堤防の決壊による浸水エリア]
千曲川下流並びに千曲川に流れ込む支流が複数集まっているエリアが浸水エリアになりました。
 

       
   長野市赤沼地区  2020年1月2日撮影  
   千曲川堤防決壊箇所  
       
       
     
       

   [長野市篠ノ井地区]2019年1月14日撮影  
    長野市で一番浸水(床上・床下)した家屋が多かったエリア   
     
         
     
         

Copyright SHODENSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.