新型コロナウイルス(COVID-19)に対する当社の対応について (変更) 2020年7月1日 


■対応の概要(2020年7月1日付)


  これまで行っていた新型コロナウィルス対策を大幅に緩和します。
但し、下記の対策事項は見直し・継続します。
 

    1.テレワーク(ネットワーク利用による在宅勤務) 
  ・Zoom、Team、Skype等によるテレワーク(在宅勤務)システムの正式採用

 2. TV会議(ネット会議)の対応
  ・顧客との打合せ・会議でも積極的にTV会議(ネット会議)を採用
   (注)Zoom、Team、Skype以外のTV会議システムへの対応はご相談下さい。

 3. 出張・現調・会議・セミナーへの参加などについて 
  ・新型コロナウィルス感染者数が多い、または増加している地域については現地での
   不要な外出を避ける。(出張先並びに宿泊ホテル周辺に限定)

 4. 来客受入れ時の対応(打合せ・会議含む) 
  ・来客者名簿への記入・記録
       ・アルコール消毒液等による手指消毒


■対応の概要(2020年6月1日付)


  2020年5月25日の安倍総理大臣の日本全国で緊急事態措置の解除宣言に伴い、2020年4月10日付けの対応を6月1日より下記の通りに変更します。  

    1.勤務形態について 続行
  ・リモートワーク等利用の在宅勤務システムの導入

 2. 会議・セミナーへの参加、出張などについて 一部変更
  ・不要不急の国内外出張の原則禁止 解除
  ・多人数が参加するイベントやセミナー開催の原則禁止 解除
  ・宴席などの自粛 解除(国・県の指導要綱による)

 3. 来客受入れ時の対応について  一部変更
  ・ネット会議(TV会議)などを積極的に活用し、対面での来客対応を極力回避 解除
  ・当社内で来訪者を含めた打合せ・会議を行う場合:
           - 来訪者に発熱(37.5度以上)や咳などの症状がある場合は訪問を控えていただくよう依頼
           - ご訪問時にアルコールによる手指消毒
    - マスク着用の協力を依頼 解除
  ・来客時に使用する応接室・会議室の制限 解除

 4. 従業員の対応について 一部変更
  ・出社時の体温測定・記録簿への記入
  ・発熱(37.5度以上)や咳などの症状がある場合は入館しない
  ・入館時、アルコールによる手指消毒
  ・社内での積極的なマスク着用  解除(県外出張した場合、2週間、マス着用)
  ・食堂・応接室の利用中止(各自、デスク等で食事する)食堂の再開
  ・全体朝礼の中止 再開
  ・プライベートでの遠出 解除(県外など遠出は国・県の指導要綱による)
  ・夜間遊興などの自粛の要請 解除(国・県の指導要綱による)

 5. 罹患の疑いがある場合や罹患した場合 続行
  ・医師より出社許可が出るまで自宅待機とします。
  ・罹患した従業員・出入り業者・関係者と濃厚接触した従業員は原則2週間自宅待機
   (業務可能な場合は在宅勤務)
  ・罹患が判明した場合、事務所・工場の消毒並びに原則2週間従業員全員マスク着用
  ・従業員の同居家族が罹患した場合、原則2週間の自宅待機(業務可能な場合は在宅勤務)
 


■対応の概要(2020年6月1日付)


  株式会社匠電舎は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染機会の抑制および従業員の健康・安全確保のため、以下の通り対応します。  

    1.勤務形態について
  ・リモートワーク等利用の在宅勤務システムの導入

 2. 会議・セミナーへの参加、出張などについて
  ・不要不急の国内外出張の原則禁止
  ・多人数が参加するイベントやセミナー開催の原則禁止
  ・宴席などの自粛

 3. 来客受入れ時の対応について
  ・ネット会議(TV会議)などを積極的に活用し、対面での来客対応を極力回避
  ・当社内で来訪者を含めた会議を行う場合:
           - 来訪者に発熱(37.5度以上)や咳などの症状がある場合は訪問を控えていただくよう依頼
           - ご訪問時に手洗い(手指消毒)、マスク着用の協力を依頼
  ・来客時に使用する応接室・会議室の制限

 4. 従業員の対応について
  ・発熱(37.5度以上)や咳などの症状がある場合は入館しない
  ・入館時のアルコール手指消毒(または手洗い
  ・社内での積極的なマスク着用
  ・食堂・応接室の利用中止(各自、デスク等で食事する)
  ・プライベートでの遠出(特に県外)、夜間遊興などの自粛の要請

 5. 罹患の疑いがある場合や罹患した場合
  ・医師より出社許可が出るまで自宅待機とします。
  ・罹患した従業員・出入り業者・関係者と濃厚接触した従業員は原則2週間自宅待機
   (業務可能な場合は在宅勤務)
  ・罹患が判明した場合、事務所・工場の消毒並びに原則2週間従業員全員マスク着用
  ・従業員の同居家族が罹患した場合、原則2週間の自宅待機(業務可能な場合は在宅勤務)
 

■対応期間


  2020年4月13日(月)~  
   社会状況に応じて柔軟に対応してまいります。  


■追加対策


  ・体温測定・記録  
    出勤時、体温測定を行い、記録簿に記入。  
     

本件に関するお問い合わせ先


   株式会社 匠電舎 TEL: 026-221-9565 またはお問い合わせページ  
     


    内閣官房 新型コロナウィルス感染症対策  
  厚生労働省 新型コロナウイルス感染症について  
      アルコール消毒液とマスク    
       


Copyright SHODENSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.